山形縣護國神社(公式ホームページ)|山形|神社|参拝|七五三|お宮参り|お祓い・ご祈祷|神前挙式

 

社務日誌(ブログ)

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
寒暖差で風邪をひかないように
2019-09-12
最近は日が沈むのが早くなってきて秋に入ったことを感じさせられます。
夜も涼しくなってきて風邪をひきやすいので、気をつけたいと思います。
 
先日、東根市の関山大滝に行ってきました。山の一本道を行くと飲食店があり、その裏に滝がありました。滝壺まで降りると迫力のある滝が間近に見れて、合流している小川がとても澄んだ水できれいでした。周りは広大な山々があり、自然を間近で感じられて良かったです。あいにく雨の日だったので、次は晴れの日に行きたいです!
 
神社では七五三の準備をしております。これから沢山のお子さんがお参りに来るのを楽しみにしています。(佐)
 
9月になりました。
2019-09-01
朝に空を見上げると鱗雲が広がっていました。
つい先日まで入道雲があった空が、すっかり秋に移り変わっています。
日中はまだ暑い日が続いていますが、朝晩は涼しく、過ごしやすい気温になっています。
今日から9月、いよいよ秋が始まります。
さて、今日9月1日は「防災の日」です。
大正12年の関東大震災が発生した日に因んで制定されています。
この地震では建物の倒壊による被害だけではなく、火災による死者が多かったと伝えられています。
今もその教訓として、地震の際には身の安全を確保して、安全に火を消す事が薦められています。
また、この9月1日付近は立春から数えて「二百十日」と呼ばれ、台風による被害が多くなる時期と呼ばれています。
農作物や生活に大きな被害を与える嵐を鎮めるために、風鎮めのお祭が各地で行われます。
また、昨今は大雨による被害が毎年のように起こっています。
今日の防災の日に、家庭での防災について考えてみてはいかがでしょうか。
家具が倒れてこないか、非常持ち出し袋は用意しているか、どこに避難するか、どうやって家族と連絡をするか。
天災は忘れた頃にやってきます。
皆様、いざという時に慌てないよう、こうした節目にご家族で話し合ってみて下さい。
この秋が皆さんにとって良い秋になりますよう、祈念致します。(深)
 
夏の終わり
2019-08-28
 
 8月も下旬になり、朝晩が肌寒く感じるようになりましたね。
お盆が終わるとあっという間にの心地よい風が吹き始めるような気がします
 
 さて、8月はお祭りが沢山ありましたね!
皆様はお祭りには行かれましたか?
私は大石田の花火大会を見に行きました
空には色とりどりの花火が上がり、川では灯籠流しが行われ、灯りが揺らめいてとても幻想的でした。
久しぶりにゆっくりと花火を見ることが出来てたので、来年もまた行きたいと思います!
 
 夏が終わってしまうのは毎年寂しく感じますが、四季の移り変わりを楽しむことが出来るのもまた風情です
季節の変わり目は風邪をひきやすくなりますので、皆様もお気をつけてください   (安)
 
 
 
処暑を迎えました
2019-08-24
体を動かさなくとも熱中症になりそうな、そんな暑さにうんざりしていましたが、暦の上では処暑を迎えました。
朝夕の涼しさに夏の終わりを感じます(-ω-)
 
8月は例年境内掃除に力を入れております。
拝殿、受付、神社会館のカーペットを始め、高い窓、外のトイレなど、普段なかなか手の回らないところを計画を立てて掃除をします。
除草作業も並行して行いますので、もしかしたら1年の中で境内が1番キレイな状態なのかもしれません。
「夏詣」におすすめです!
 
来月からは七五三の案内が始まります。
今年も万全の態勢でお祝いの皆様をお迎え出来たらと思います。
ご家族様そろって是非お参り下さい( ´▽`)
 
暑いときは冷たい物を沢山いただきました。
だんだん暖かい物が恋しくなります。
9月には今年も「日本一の芋煮会」が開催されるようです。
秋の味覚も楽しみながら奉仕に励みたく思いますm(._.)m(阿)
 
かき氷(*^_^*)
2019-08-17
連日、暑い日が続いてますねcoolここのところ、台風の影響もあってか、とにかく蒸し暑いような気がします
 
少しでも涼しくなりたい!ということで、休みの日にかき氷を食べてきました職員でかき氷の話をしていたところ、やはり考えることは一緒enlightenedみんなかき氷を食べていました最近のかき氷は見た目が可愛いものや、食感がふわふわしたものなど、種類が様々ありますね山形にもたくさんお店があって、行列ができている店も良く見かけますね
 
さて、かき氷は昔からあるイメージがありますが、日本では、平安時代からあったと言われているそうですindecision清少納言の枕草子には、
 
『削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる』
訳:細かく削った氷に甘いつゆをかけて、新しい金の椀に盛りつけたもの
 
と記されていて、この「削り氷」が今のかき氷のことなんだそうです1000年以上も歴史のある食べ物だったんですね
 
それから、かき氷の日があるのをご存じでしたか?かき氷は別名「夏氷(なつごおり)」と言われており、「な(7)つ(2)ご(5)おり」の語呂合わせから日本かき氷協会が7月25日をかき氷の日に制定したそうです。そして、7月25日なったもう一つの理由が昭和8年のこの日に、フェーン現象によって、ここ山形市で日本最高気温の40.8度が記録されたからなんだそうですこんないわれがあったとは山形県民にとっては、うんうん、納得!!の日ですねsmiley
 
まだまだ暑い日が続くようですので、かき氷などの冷たい食べ物で涼をとって、夏を乗り切りましょう(井)
   
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<山形縣護國神社>> 〒990-0053 山形県山形市薬師町2丁目8-75 TEL:023-631-5086 FAX:023-624-8466